株式会社 ダイキョウ
株式会社ダイキョウ

★画期的な簡単工事で効果は確実

  
オレンジACE-R液体セメント    Daikyo式 DRS工法      特許出願済 
     
       DRS工法…自然と環境を考えるダイキョウが開発しました

       DRS工法とは...D:Daikyo(ダイキョウ)
                R:Radiation(放射線)
                S:Safety(安全)

             
80~85%の放射性物質を遮蔽
             することが実験で確認されました

 
 Ⅰ
.仮置き場モルタルカバー方式

                                                                                                                                  上記イメージ図は環境省HPより引用

 ★擬似仮置き場とした実験結果(DRS工法による施工)

汚染された土、草1kg DRS工法施行前
         3.697μsv/h

DRS工法施行9日後、裏側接触面 
        0.628μsv/h

DRS工法施行9日後、表面
        0.407μsv/h

DRS工法により、放射性物質が封じ込められていることがわかる
   Daikyoの特殊技術に於いて開発された、保管内の放射性物質の線量が徐々に減線されていきます




 Ⅱ.除染仮置き場..土中埋め込み方法及び具体的使用量概算

 土中にフレコンバッグを埋める為の作業として下記図の様に作業する事で自然環境を
 維持することが可能です

                                                                                                                                  上記イメージ図は環境省HPより引用

  注全体を施工するよりコストの低減が見込めます

1t(1m3)当たり 厚さ4cmの施工で約25m2の除染処理が目安です

          Daikyo技術開発部 監修